数億円から数100億円単位の売買を仲介する

国債トレーディング二部 山﨑 佑大 YUDAI YAMAZAKI

2015年入社 慶應義塾大学経済学部経済学科卒

 

 

プロ中のプロである証券会社のディーラーを相手に取引を仲介

金融業界志望で、なかでも取引所などマーケットインフラとよばれる企業群が第一志望でした。その1社である当社にOB訪問した際、1年目から事業の基幹であるトレード業務に携わることができるという話を聞きました。金融市場の最前線に、市場を支える立場で直接向き合うことができる。その点に大きな魅力を感じ、入社を決めました。

現在はその希望通り、国債トレーディング二部に所属し、マーケットで売り方と買い方を結びつける仲介業務を担当しています。ここで言うマーケットとは、金融機関同士が日本国債の売買を行う業者間市場のこと。担当する顧客はいずれもプロ中のプロである各金融機関のディーラーです。1回の取引額は数億円から数100億円。各ディーラーが市場でスムーズに売買できるよう仲介し手助けをするのが私たちトレーダーの仕事ですが、金額が金額だけに責任も大きく、緊張を伴います。

 

 

さらにトレードの世界は、秒単位で勝敗が分かれることのある世界。顧客会社のディーラーも、一瞬一瞬の判断で動いています。例えば、私が所属する部署で扱っている取引の最少単位5億円の取引をする場合、償還年限の長い国債、40年債などになると、利回りが0.005%変わっただけで顧客の損益が100万円以上変わることもあります。そのため、顧客の注文に対しては、できるかぎり素早く、かつ正確にこなす高い業務執行能力が求められます。そして、経済情勢やマーケット動向、ディーラーの売買ニーズを把握し、より適切な売買が行えるマーケット環境を提供することが、私たちトレーダーの役割だと言えるでしょう。

 

 

 

 

目標は顧客に売買を提案できるような
トレーダーになること

現在、国債の売買は主に電子取引によって行われています。実際の取引方法としては、顧客が自分自身で直接端末から発注する場合と、私たちトレーダーを介して売買を執行する場合があります。いずれの場合も「スクリーン」と呼ばれる取引画面を見ながら、取引端末を操作します。相場は常に動いているため狙いどおりに取引を成立させるには、まずは端末操作に習熟していなければいけません。

現部署への配属以降、インストラクターや先輩社員の指導のもと、トレードデビューに向け、毎日、売買シミュレーションを繰り返していました。第○回の10年債を5億円買って、あるいは売ってというように。そしていよいよ本番。実際に顧客から注文を預かった瞬間、緊張で頭の中が真っ白になってしまいました。周囲のトレーダーに声を掛けられて我に返り、助けられながら何とか取引は成立し事なきを得たものの、ほろ苦いデビューになったことを今でも覚えています。しかし、そうした経験を入社1年目にできたことが、今の自分の成長につながっていると感じています。

当面の目標は、自分から顧客に売買の提案を持ちかけ、取引を成立させることです。ときに、レートや数量が合わずに顧客が望む売買を行えない場合があります。事前に顧客との情報交換を通じてニーズを汲み取り、取引レートやタイミングに関する提案を行い、取引成立に結びつけられるようになる。そのために相場動向や各銘柄の需給について理解を深めるなど、顧客満足度を高めるための努力を続けたいと考えています。

 

1Day Schedule

06:30

起床

朝のニュース番組で情報収集しながら、出社の準備。

07:15

出発

45分程で最寄駅の東京駅着

 

08:00

出社

海外マーケット動向に目を通しつつ、朝会で使用する資料を作成。

08:20

朝会

前日の相場の振り返りや連絡事項の共有を行う。

08:40

前場開始

11:05

前場終了・昼休み

昼休みが1時間以上あるので、外食する機会も多い。

12:25

後場開始

15:02

大引け(午後の債券先物取引が終了)

15:20

後場終了

15:30

イブニング・セッション開始

18:05

イブニング・セッション終了

今日の相場について顧客と情報交換を行い、明日の相場の予想を行う。

19:00

退社

20:00

帰宅・夕食

24:00

就寝

 

OTHER INTERVIEW