利益相反管理方針の概要

平成30年10月9日


日本相互証券株式会社


 当社は、取引参加者又はBB国債価格(引値)利用者(以下「引値利用者」という。)の利益を不当に害することのないよう適切に業務を行い、市場仲介機能としての透明性、公正性を一層向上させるため、利益管理方針を定め、その概要を公表いたします。


1. 利益相反のおそれのある取引の類型

  (1)当社の利益を図るために取引参加者又は引値利用者の利益を不当に害する場合

  (2)取引参加者又は引値利用者の利益を図るために他の取引参加者又は他の引値利用者の利益を

     不当に害する場合

  (3)その他利益相反のおそれがある場合


2. 利益相反管理の方法

  (1)取引の中止又は取引の条件若しくは方法の変更

  (2)関係部門間の情報遮断体制の強化又は関係部門の分離

  (3)利益相反状況の顧客又は引値利用者への開示

  (4)その他取引に応じた適切な方法


3. 利益相反管理体制

   利益相反管理のために、利益相反管理統括者、利益相反管理者を設置します。


4. 利益相反管理の対象となる関係会社

   利益相反管理の対象となる関係会社はございません。

このページの先頭へ