お客様本位の業務運営方針

お客様本位の業務運営方針


 日本相互証券株式会社(以下「当社」といいます。)は、「公平・公正・透明」を経営理念 として掲げ、1973年の創業以来、一貫してわが国の公社債流通市場における公正な価格形成と流動性の向上に資するよう取り組んでまいりました。

 当社は、公社債流通市場のさらなる発展に向けて、以下のとおり、お客様本位の業務運営方針について策定いたしました。


1.お客様の最善の利益の追求

 当社は、お客様の声に耳を傾け、健全な取引慣行の確立を図り、公正かつ効率的な公社債市場運営に努めてまいります。また、取引システムの安定稼働に努めるとともにマーケット情報を整備し、市場機能を強化してまいります。

 当社は、お客様と当社の信頼関係をより確かなものとし、お客様の最善の利益の追求を図ってまいります。


2.利益相反の適切な管理

 当社は、利益相反管理方針を定め、その概要を当社ホームページで公表しております。また、利益相反が発生するリスクを適切に管理するため、研修等を定期的に実施し、役職員の高い倫理観の醸成に努めてまいります。


3.手数料の明確化

 当社は、市場を運営するにあたり、お客様のお取引が成立する対価として取扱手数料をいただいております。取扱手数料は、取引基本契約に付随する「債券取引の細則」にて明記しております。


4.重要な情報の分かりやすい提供

 当社は、お取引の匿名性の確保に万全を期したうえで、お客様のお取引に重要なマーケット情報を当社システムを通じて迅速に提供してまいります。


5.お客様にふさわしいサービスの提供

 当社は、お客様のニーズの把握に努めるとともに、社会の変化と要請に迅速に対応し、金融・証券市場の
プロであるお客様にとって最適なサービス提供に努めてまいります。


6.従業員に対する適切な動機付けの枠組み等

 当社は、公社債市場という公共性の高い市場の運営者であるという自覚を持ち、全ての役職員に対して、経営理念に加え「倫理コード」等の行動原則が浸透するよう努めております。また、市場部門スタッフの専門能力の向上と取引システムの最適化により、お客様にとって最善の利益に資する枠組みを整備するとともに、盤石なガバナンス体制を構築してまいります。


以上

このページの先頭へ